Nアセチルカルノシン目薬 従来の目薬 犬白内障とは 犬白内障手術

犬の白内障とは… #A39

 
白内障とは?

ここに書いてあること

犬の白内障について、その概要を解説しています。どのようなもので、犬にどのような不具合が起こるのか、その治療方法とは何かについて記事にしています。

犬の白内障とは、どのような病気か?

白内障とは、犬の目の水晶体が年齢など、なんらかの原因で白く濁って視力が低下する病気です。原因としては、老齢化、外傷、他の病気(糖尿病など)などがあります。さらに、対象の犬が白内障の好発犬種の場合には、若年の場合でも起こりやすくなります。人間と同様に、犬も同じように白内障を発症します。

犬の場合、どのような不具合が発生するか?

水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。通常は透明な組織ですが、白内障を発症すると、水晶体が白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます。

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違う

このような結果として、以下のような状態になりがちです。

  • モノにぶつかりやすくなる。
  • ぶつかりやすくなるので、歩いたり、走ったりの活動を控えるようになる。散歩に行きたがらなくなる。
  • 視力が極端に落ちるので、エサをあげてもわからない、というような状態が起こる。

「犬は鼻が効くので、白内障になってもそれほど影響は少ない」などという記述を見たことがありますが、犬でも視力からの情報に依存しているところは大きく、目が見えなければ、怖がって、極端に動きが鈍くなってしまいます。

一般的にどのような処置、治療が行われているか?

犬の白内障の治療としては、以下のように、

  1. 内科的治療
  2. 外科的治療

のどちらかを行うことになります。

1.内科的治療は、点眼薬による治療(ピレノキシンなど)、と注射治療があります。2.外科的治療は、いわゆる白内障手術です。


キャンC

ペットくすりのキャンC

0

キャンシーの犬白内障への効果がわかる 特別レポート を欲しい人は他にいませんか? ↓

クーポンはココ

現在ペットくすりでは、クーポンを配布しています。

ペットくすりのクーポン

-Nアセチルカルノシン目薬, 従来の目薬, 犬白内障とは, 犬白内障手術

© 2021 犬白内障研究会 Powered by AFFINGER5