Nアセチルカルノシン目薬

【CAN-C目薬】白内障の犬の飼い主が試さない理由がない

 
CAN-Cを試すべし。

ここに書いてあること

愛犬が白内障になってしまった場合、白内障の手術をしようと考える前に、CAN-C目薬を検討すべきです。CAN-C目薬を試した犬がすべて、白内障を改善できるわけではないですが、目薬で白内障が改善するのであれば、CAN-C目薬を試さない理由はない、と考えています。

犬白内障を、目薬で簡単に、改善させられるのなら、こんなありがたいことはないです。

私が、何かの会合のようなところで、うっかり、

「Nアセチルカルノシン系目薬を白内障の犬に処方してあげると、白内障が改善するよー」

などと言うと、

「そんな、目薬なんかで、犬の白内障が治るわけねーじゃん!」

と、即座に多くの人から言われてしまいそうです。特に、専門家である動物病院の獣医の先生から、強い否定的な反応が返ってきそうな予感がします。

しかしながら、本ブログでは、Nアセチルカルノシン系目薬のCAN-Cを白内障の犬に処方した場合のレビューの解説をしていきますが、それらのレビューを読んでいただければわかるのですが、CAN-Cを試したことのある犬の飼い主の方から、かなり、多くの「改善した」というレビューがありました。しかも、それは、具体的で、無視できないレベルの数のレビューの数です。

「目薬なんか、白内障が改善に効かない」

と言ってしまうのは簡単ですが、もし、目薬のような簡単な方法で、ずべての犬が治るというわけではありませんが、愛犬の白内障が改善するのであれば、これを試さない理由はない、と私は思っています。以下に理由を書いてみました。

(理由1) 目薬は簡単に試すことができる

CAN-Cを試すべき理由の一つは、目薬という手法が

「簡単に試すことができる」

からです。

試すべき方法が、目薬ではなく、たとえば、

  • 体にメスといれる手術をしなくてはならない、とか、
  • 毎日、4時間かかるエクササイズをイヌにさせないといけないとか、
  • 目に良いとされる食べずらい野菜を毎日、1kgも食べさせないといけない

とか、というようなものであったら、飼い主の皆さんはとても大変な思いをされることになるでしょう。

しかし、そうではなくて、犬に目薬を処方するだけなので、極めてラクチンな方法で済みます。犬に目薬をさすのは、多少、苦労する場合もあるのかもしれませんが、それは、手術などと比べたら、とても簡単なことでしょう。

(理由2) 目薬は安価で入手できる

CAN-Cの場合、約一か月分の目薬が、5,6千円します。

人間用の目薬で、たとえば、新Vロート(ロート製薬)が千円もしない購入できるので、「CAN-Cが高い」とかいう人は、こういうのと比較しているんだと思います。もし、これで白内障が改善するのであれば、CAN-Cは、極めて安い、安すぎると、私は思います。もし、犬に白内障手術を受けさせるということになったら、全部合わせて、2ケタ高い費用(片目で50万円とか)が発生しますよ。会社の飲み会代の2回分もかからないで、ひと月分の目薬が入手できるわけですから、これを試さない理由はないでしょう。

たとえ、CAN-Cが効果がなかったり、合わなかったとしても、それは仕方ないでしょう。犬の白内障手術の場合であっても、50万円とかの費用を支払って、愛犬の目の調子がよくないまま、ということはかなり高い割合で発生しているはずです。

合わない場合は、残念ですが、断念してください

CAN-Cが愛犬の白内障にうまく効けけば、続ければいいと思います。目薬なので、ダメージがあったとしても、愛犬へのダメージも少ないでしょうし、もし、合わない場合には、そこで、中断するという判断も簡単です。愛犬の目に、CAN-Cが合わない、という場合は、残念ですが、断念してください。

CAN-Cのレビュー結果のまとめと分析、正しい使い方について解説しています。下記↓。参考にしていただけるとありがたいです。


キャンC

ペットくすりのキャンC


0

キャンシーの犬白内障への効果がわかる 特別レポート を欲しい人は他にいませんか? ↓

「犬白内障に目薬なんて効くわけない!」という人に。具体的データで改善効果を解説しています。NAC目薬はインチキではないです。
詳しい内容を確認する
 

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-Nアセチルカルノシン目薬
-

© 2021 犬白内障研究会 ~ 目薬、サプリ、手術などについての情報をお届けします。 Powered by AFFINGER5