犬白内障とは

白内障か?目の濁りか?#A38

 
核硬化症。白内障とは区別される。

ここに書いてあること

犬の目が白くなってきたときに、そのすべてが「白内障」ではなく、別の症状である場合があり、区別するようです。一般的には「目の濁り」「目が白い」とか表現したりします。英語では、"halo","floater"とかいいます。犬が見えずらくなることには変わりなさそうですが、ここで記事にしてみました。

白内障の定義とは?

栃木県獣医師会サイトによると、以下の記載があります。

  • 瞳孔の奥のレンズ部分だけが濁るものが白内障
  • 眼球全体(角膜部分)が濁るものは白内障ではない

角膜の損傷で、角膜が白くなる場合がありますが、その場合は、白内障には該当しません。

核硬化症は、白内障ではないとの定義

獣医の先生は、同じ目の濁りでも、核硬化症については、明確に、白内障とは区別を行っているようです。前記の白内障の定義と少しずれているような気がしますが、そのようになっているようです。

核硬化症

fd

白内障

(参考)香椎ペットクリニック

核硬化症とは、水晶体が萎縮して透明度が落ちる病気で、老化現象です。


キャンC

ペットくすりのキャンC
0

キャンシーの犬白内障への効果がわかる 特別レポート を欲しい人は他にいませんか? ↓

「犬白内障に目薬なんて効くわけない!」という人に。具体的データで改善効果を解説しています。NAC目薬はインチキではないです。
詳しい内容を確認する
 

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-犬白内障とは

© 2021 犬白内障研究会 ~ 目薬、サプリ、手術などについての情報をお届けします。 Powered by AFFINGER5