Nアセチルカルノシン目薬

【マーク・バビザエフ】NAC目薬の第一人者 マーク・バビザエフ氏紹介#1 #A22

 
Nアセチルカルノシン目薬の専門家。マーク・バビザエフ氏。(LinkedInより引用)

ここに書いてあること/

白内障目薬のNアセチルカルノシン目薬の専門家で,第一人者である、マーク・バビザエフ氏のことについて記事にしています。今回は、同氏の概要について書いていきます。

マーク・バビザエフの略歴

マーク・バビザエフ氏の略歴は以下の通りです。

氏名マーク・バビザエフ Mark Babizhayev MA,PhD
所属・Innovative Vision Products, Inc.(County of New Castle, Delaware, USA)の
エグゼクティブディレクター。
・モスクワヘルムホルツ眼疾患研究所(RF)の主任研究員。
・Exsymol SAM、Monte Cjharlo(MC)の科学コンサルタント。
経歴1982年:第2モスクワ医療研究所(Pirogov's)、
バビザエフMedico-BiologicalFacultyを医師-生物物理学者として卒業。
1988年:ロシア連邦、モスクワのモスクワヘルムホルツ眼病研究所で
生物物理学と病態生理学の博士号を取得。
1992年:マーク・バビザエフ博士が名誉ある岡記念賞を受賞、横浜、日本
1994年:国際科学財団、被付与者
成果バビザエフ博士は生物物理学者であり、博士号を取得しています。
生物物理学および病態生理学。
彼は、主にモスクワのヘルムホルツ眼病研究所で科学研究に
長年専念してきました。
その間、彼は86を超える公開記事を蓄積し、彼の名前で15の特許を
取得しています。

彼はまた、老人性白内障の治療と予防のための画期的な開発に
関与する原則でもあります。
バビザエフ博士は、西洋の聴衆に初めて、3-5ヶ月の期間内に
老人性白内障を治療するための
n-アセチルカルノシン点眼薬の驚くべき結果を発表しました。
バビザエフ博士の講演は、モンテカルロで開催された
2002年のロンドンのAACLアンチエイジング会議の基調講演の1つでした。
マークバビザエフの略歴

まとめ

イヌやヒト用の白内障の目薬のNアセチルカルノシンのことを語るとき、マーク・バビザエフ氏を抜きにして語ることはできないでしょう。間違いなく、白内障の目薬の第一人者です。



キャンC

ペットくすりのキャンC

キャンシー使用者レビューを独自に分析!犬白内障の改善傾向、注意点を詳細に解説。手術しかないと思われている犬白内障だが、56%が改善してる!

Kindle Unlimited 読み放題がおススメ!

月額980円ですが、初回30日間は無料。30日内での解約も可!端末がなくてもPC、スマホで読めます!
Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]
Kindle for Mac [ダウンロード]
Kindle for Android

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-Nアセチルカルノシン目薬
-

© 2022 犬白内障目薬研究会 ~サプリ、手術費用、おすすめの目薬についても解説します。 Powered by AFFINGER5