従来の目薬

【ライトクリーン】ライトクリーンはカタリンと同じらしい #A56

 
カタリン

ここに書いてあること

千寿製薬が製造、販売している「イヌ老年性初発白内障進行防止剤 ライトクリーン」は、同社のヒト用の「老人性白内障治療剤 カタリンK」を犬向けに転用したものであるとのことですが、実際、商品がどのような表示になっているのか、比較してみました。

ライトクリーンとカタリンKの比較

下表は、説明書を基に、ライトクリーンと、カタリンKを比較したものです。ちなみに、カタリンには、「カタリン」と「カタリンK」がありますが、溶解液に投入するための固形の薬品の形状で区別されています。カタリンは錠剤、カタリンKは顆粒(=ライトクリーンと同じ)となっています。

商品名ライトクリーン LIGHT CLEANカタリンK
カタリンK点眼用0.005%
製造販売元千寿製薬株式会社千寿製薬株式会社
薬効分類名イヌ老年性初発
白内障進行防止剤
老人性
白内障治療剤
成分及び分量
[一包
(87mg)中]
顆粒:ピレノキシン 0.75mg
添加物:タウリン、ホウ酸、ホウ砂

溶解液の添加物:ホウ酸、
イプシロン-アミノカプロン酸、
塩化カリウム、
パラオキシ安息香酸メチル、
クロロブタノール、

溶解後の点眼液は、
1mL中ピレノキシン0.05mgを含有。
顆粒:ピレノキシン 0.75mg
添加剤 タウリン、ホウ酸、ホウ砂

溶解液の添加剤:ホウ酸、
イプシロン-アミノカプロン酸、
パラオキシ安息香酸メチル、
クロロブタノール、等張化剤

1mL中 ピレノキシン 0.05mg
効能又は
効果
イヌ老年性初発白内障初期老人性白内障
用法及び
用量
顆粒を溶解液に用時溶解し、
1回1~2滴、
1日3~5回点眼する。
顆粒を添付溶解液に用時溶解し、
1回1~2滴、
1日3~5回点眼する。
副作用(1)本剤の投与により、
眼瞼炎、結膜充血、
流涙を起こすことがある。
(2)副作用が認められた場合には、
投与を中止するなど
適切な処置を行うこと。
次の副作用があらわれることが
あるので、観察を十分に行い、
異常が認められた場合には
投与を中止するなど適切な処置を
行うこと。

過敏症:眼瞼炎、接触皮膚炎
眼:びまん性表層角膜炎、
結膜充血、結膜炎、刺激感、
そう痒感、霧視、眼脂、
流涙、眼痛、眼の異常感、
眼の異物感
ライトクリーンとカタリンKの比較

以下に商品の写真を示します。

ライトクリーン

カタリン

ライトクリーンとカタリンKの違いとは?

ライトクリーンとカタリンKとの違いは、成分表で判断する限り、塩化カリウム、等張化剤の有無、だけでほとんど差がなさそうでした。



キャンC

ペットくすりのキャンC
0

キャンシーの犬白内障への効果がわかる 特別レポート を欲しい人は他にいませんか? ↓

「犬白内障に目薬なんて効くわけない!」という人に。具体的データで改善効果を解説しています。NAC目薬はインチキではないです。
詳しい内容を確認する
 

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-従来の目薬
-

© 2021 犬白内障研究会 ~ 目薬、サプリ、手術などについての情報をお届けします。 Powered by AFFINGER5