従来の目薬

【ライトクリーン】ライトクリーンとはどのようなものか?

 
ライトクリーン

ここに書いてあること

有名な犬白内障用の目薬のライトクリーンが、どのようなものなのか、について記事にしています。

ライトクリーンとは? 

ライトクリーンは、千寿製薬が製造する、犬用の白内障の進行防止剤です。猫にも使えます。ライトクリーンは、動物用医薬品としても、ちゃんと登録されている、薬です。

飼い犬が白内障になってしまい、動物病院に行くと、おそらく、これを処方されるのではないでしょうか? 

ライトクリーンは、商品自体に、「イヌ老年性初発白内障進行防止剤」と書いてある通り、効能は、白内障の進行防止であって、白内障の改善は期待できないです。獣医の先生は、ライトクリーンを多く処方しているので、処方の結果、どうなるかをよく、把握していて、「なんとか、白内障の進行防止ができる」というレベルの薬であると言っている、とのコメントをネットで見かけることができます。

ライトクリーンの仕様

商品名ライトクリーン LIGHT CLEAN
ピレノキシン点眼剤
イヌ老年性初発白内障進行防止剤
成分及び分量 [一包(87mg)中]ピレノキシン 0.75mg
添加物:タウリン、ホウ酸、ホウ砂
溶解液の添加物:ホウ酸、イプシロン-アミノカプロン酸、塩化カリウム、
パラオキシ安息香酸メチル、クロロブタノール、
溶解後の点眼液は、1mL中ピレノキシン0.05mgを含有。
効能又は効果イヌ老年性初発白内障
用法及び用量顆粒を溶解液に用時溶解し、1回1~2滴、1日3~5回点眼する。
副作用(1)本剤の投与により、眼瞼炎、結膜充血、流涙を起こすことがある。
(2)副作用が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
製造販売元千寿製薬株式会社
販売DSファーマアニマルヘルス株式会社
ライトクリーンの仕様

ライトクリーンを作ってみた!

ライトクリーンという商品は、薬が、溶液部と、添加物の顆粒に分けて梱包してあって、長期保存ができるような工夫がしてあります。

ライトクリーンは、添加物(顆粒)と溶液部に分けて、入っている。

ユーザーは使用する前になったら、顆粒の添加物を溶液の入った容器に入れて、溶かした上で、犬に点眼します。

下記に、その様子を以下の動画で解説していますので、参考にしてみてください。



【動物用医薬品】千寿製薬 ライトクリーン 犬用 15ml

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-従来の目薬
-

© 2021 犬白内障目薬研究会 ~サプリ、手術費用、おすすめの目薬についても解説します。 Powered by AFFINGER5