犬白内障とは

犬白内障の発症率は?#A15

 
犬の白内障の発症率はどれくらい?

ここに書いてあること

犬の白内障の発生率はどれくらいなのでしょうか?気になりますね。今回は、犬の白内障の発生率について記事にしてみました。

犬白内障の発生率は、9歳で2.5%!

犬白内障の発生率について、そのような統計データを取るのかはかなり大変そうです。獣医師業界にはおそらくデータがありそうですが、なかなか公表されているものがみつかりませんでした。その中でも、それに近いもので、アニコム損保によるものがありました。これは白内障の保険請求の件数を、ペット保険加入者数で割ったものです。

犬年齢別の白内障の発症率(アニコム損害保険会社

このデータによれば、犬の年齢とともに、白内障の発症率は高くなるという結果になっています。9歳で、2.5%12歳で3.7%ぐらいとなっています。また、若年層でもそれなりに白内障になっていることがわかります。

他の病気に注意!糖尿病があると発症率100%

上記の話は、年齢要因のみに着目したものですが、犬が別の病気を持っている場合には大きく白内障の発生率が高くなります。

例えば、犬が糖尿病になると、100%白内障を発症するそうです。また、甲状腺の機能低下、ブドウ膜炎、目のケガ、によっても白内障が引き起こされます。((参考)かつまペットクリニック船橋アニマルメディカルセンター

日頃から、愛犬の眼のチェックは重要です

犬の白内障の発症率と言っても、そんな、単純で、一般的なものでもないと考えています。犬種によっては若年でも、白内障になりやすい犬がいますし、糖尿病性白内障などの場合には、白内障の進行速度がとても速いので、注意が必要です。飼い主さんの日頃の愛犬の健康チェックはとても重要です。


キャンC

ペットくすりのキャンC

0

キャンシーの犬白内障への効果がわかる 特別レポート を欲しい人は他にいませんか? ↓

「犬白内障に目薬なんて効くわけない!」という人に。具体的データで改善効果を解説しています。NAC目薬はインチキではないです。
詳しい内容を確認する
 

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-犬白内障とは

© 2021 犬白内障研究会 ~ 目薬、サプリ、手術などについての情報をお届けします。 Powered by AFFINGER5