犬白内障とは

【白内障の種類】#4 原因による分類 #A34

 
犬の白内障

ここに書いてあること

犬の白内障の種類について解説します。今回は、その4回目で、原因による分類をご紹介します。

混濁の程度による分類とは?

犬の白内障を分類する場合、次のような観点で区分が行われます。※

  1. 発症年齢による分類
  2. 発生部位による分類
  3. 混濁の程度による分類
  4. 原因による分類

※(参考) JVM Vol.55 No.3,2002 私の診療シリーズ、小動物の眼科診療12 白内障Ⅰ 太田充治氏

本記事では、4の「原因による分類」について、解説します。

原因による分類

白内障の中には、ある特定の疾患などが原因となる場合が あるが,すべての白内障が原因による分類が可能であるというわけでなく、むしろ原因が分かることのほうが少ない、とのことです。

原因
による分類
概要
外傷性白内障
traumatic cataract
トゲや猫の爪,あるいは著者の病院でこれが原因になること
は少ないが弾丸などによる角膜穿孔創が水晶体前嚢に達し,
前皮質の水晶体線維が損傷を受けると白内障を生じること
がある。通常白内障の混濁は外傷のあった髪の部分を中心
にして限局しており、ある期間を経過したらそれ以上の
進行をみないことが多い。しかしながら弾丸によるもの
では水晶体全体に混濁が及ぶこともある。
糖尿病白内障
diabetic cataract
糖尿病に罹患した動物のほとんどは白内障を併発する
この白内障は初期には赤道部皮質に空砲形成として現れる
が、数日で成熟白内障に発達する。3歳齢以上で急速に発
達 する白内障に遭遇した場合は必ず血液検査等により
糖尿病 か否かを確認しなくてはいけない。
糖尿病白内障も白内障手術の対象となるが、手術を行う
前に最低3か月はインスリンによって血糖値が上手くコン
トロールされており、肝不全や腎不全を併発していない
必要がある。そうでない糖尿病患者に手術を行うと術後
の合併症の可能性が高く、それに対して使用する薬剤
(特にステ ロイド)も糖尿病によって制限されるので、対処
が非常に困難になるからである。
混濁の程度による犬白内障の分類

※(参考) JVM Vol.55 No.3,2002 私の診療シリーズ、小動物の眼科診療12 白内障Ⅰ 太田充治氏

愛犬が糖尿病の場合には、たいてい、白内障を発症するそうなので、十分な健康管理をするように心がけましょう。


キャンC

ペットくすりのキャンC


0

キャンシーの犬白内障への効果がわかる 特別レポート を欲しい人は他にいませんか? ↓

「犬白内障に目薬なんて効くわけない!」という人に。具体的データで改善効果を解説しています。NAC目薬はインチキではないです。
詳しい内容を確認する
 

キャンシー、シーナックの通販ショップを調べてみた!

-犬白内障とは
-

© 2021 犬白内障研究会 ~ 目薬、サプリ、手術などについての情報をお届けします。 Powered by AFFINGER5