月別アーカイブ:2021年01月

犬白内障とは

【犬白内障手術】手術ができない場合とは?(その2)#A40

2021/2/22  

犬白内障手術の適応外になる場合がある。 ここに書いてあること 犬が白内障を起こした場合、最終手段として、犬白内障手術さえすれば、どんなものも元通りにしてくれる、と思っている人も少なくないですが、実際は ...

Nアセチルカルノシン目薬 従来の目薬 犬白内障とは 犬白内障手術

犬の白内障とは… #A39

2021/2/22  

白内障とは? ここに書いてあること 犬の白内障について、その概要を解説しています。どのようなもので、犬にどのような不具合が起こるのか、その治療方法とは何かについて記事にしています。 犬の白内障とは、ど ...

犬白内障とは

白内障か?目の濁りか?#A38

2021/2/22  

核硬化症。白内障とは区別される。 ここに書いてあること 犬の目が白くなってきたときに、そのすべてが「白内障」ではなく、別の症状である場合があり、区別するようです。一般的には「目の濁り」「目が白い」とか ...

Nアセチルカルノシン目薬

【ラノステロール】 #3 既に販売されているラノステロール入り目薬 #A37

2021/2/22    

ラノステロール目薬 ここに書いてあること 窪田製薬ホールディングスの開発状況をみていると、ラノステロールの目薬は、白内障の目薬としてまだ開発中かと思いきや、インターネット上では、既に、ペット用として、 ...

Nアセチルカルノシン目薬

【NAC】目の濁りを消す仕組み #2  なぜNACなのか? #A36

L-カルノシン ここに書いてあること キャンシーなどのNアセチルカルノシン目薬が、どのように犬などの白内障の改善に効果を表すのかを説明しています。今回は、「なぜ、Nアセチルカルノシンが効果があるのか? ...

Nアセチルカルノシン目薬

【ラノステロール】#2 製品化をめざす窪田製薬ホールディングス#A35

2021/2/22    

ラノステロール Lanosterol ここに書いてあること ラノステロールをヒトや犬の白内障の治療に使おうと実用化に取り組んでいる、取り組んだ企業がありますので、調べてみました。窪田製薬ホールディング ...

犬白内障とは

【白内障の種類】#4 原因による分類 #A34

2021/2/22    

犬の白内障 ここに書いてあること 犬の白内障の種類について解説します。今回は、その4回目で、原因による分類をご紹介します。 混濁の程度による分類とは? 犬の白内障を分類する場合、次のような観点で区分が ...

Nアセチルカルノシン目薬

【ジェネリック?】キャンシーと後発の類似薬はどちらを選ぶべきなのか?#A33

キャンシーか、後発薬か? ここに書いてあること 日本でよく取り扱われているNAC目薬は1種類ではなく、いくつかのものが、知られています。どのようにNアセチルカルノシン目薬を選ぶべきかを記事にしています ...

Nアセチルカルノシン目薬

【ラノステロール】期待の白内障新薬か?Lanosterol #1 #A32

2021/2/22    

ラノステロール lanosterol ここに書いてあること ヒトや犬の白内障を改善する薬効成分として、Nアセチルカルノシン以外に、近年、「ラノステロール Lanosterol」というものが注目されてい ...

Nアセチルカルノシン目薬

その他のNAC目薬の紹介 #A31

2021/2/22  

他のNAC目薬 ここに書いてあること 日本で知られている犬白内障としてのNアセチルカルノシン目薬といえば、 キャンシー Can-Cシーナック C-NACクララスティル Clarastill ぐらいです ...

Nアセチルカルノシン目薬

【NAC目薬】NAC目薬でどこまで白内障改善するのか?#A30

2021/2/22  

初期白内障 ここに書いてあること NAC目薬で、犬の白内障がどこまで改善するのでしょうか? NAC目薬は犬白内障への改善効果があるようですが、「スーパー万能薬」ではないので、魔法のようにすべての犬白内 ...

犬白内障手術

【NAC目薬が普及しない理由?】犬白内障手術の売上を予測する #A29

2021/2/22  

犬白内障手術 ここに書いてあること Nアセチルカルノシン目薬が動物病院で使われないのは、そもそも動物用医薬品に登録されておらず、そんな不確かなものを獣医の先生が使えるわけがないから、と推測していること ...

犬白内障とは

【白内障の種類】#3 混濁の程度による分類 #A28

2021/2/22  

犬の成熟白内障 ここに書いてあること 犬の白内障の種類について解説します。今回は、3回目で、混濁の程度による分類をご紹介します。 混濁の程度による分類とは? 犬の白内障を分類する場合、次のような観点で ...

Nアセチルカルノシン目薬

【Can-Cレビューと解説】#2 CAN-C、愛犬(チワワ)に効いた! #A27

2021/2/22    

チワワも白内障になりやすいです。 概要 Nアセチルカルノシン系目薬CAN-Cの使用者のレビューを一つ紹介し、解説しています。今回は、14歳のチワワの飼い主さんによるレビューです。 カルテ 今回、解説す ...

Nアセチルカルノシン目薬

少なく(少ない液量)点眼してみる方法 #A26

2021/2/22    

少ない量で点眼します。 ここに書いてあること キャンシーの点眼で、一回に点眼する薬液の液滴の大きさを小さくする試み、テストをやってみましたので、記事にしています。他の目薬でも使えると思います。 少なく ...

© 2021 犬白内障研究会 Powered by AFFINGER5