Nアセチルカルノシン目薬

【Can-Cレビューと解説】私の老犬(ボーダーコリー)でCAN-Cの素晴らしい結果 #1

 
ボーダーコリー

概要

Nアセチルカルノシン系目薬CAN-Cの使用者のレビューを一つ紹介し、解説しています。今回は、12歳のボーダーコリーの飼い主さんによるレビューです。

カルテ

今回、解説するCAN-C使用者のレビューは以下となります。

犬種ボーダーコリー
犬年齢12歳、メス
飼い主名(投稿名)R. Weilep
犬の目の状況(点眼前)12歳のときに右目に大きな白内障を発症した。
Can-Cを使用までのいきさつ
(その他、病気があった?
・愛犬のためにどうすればいいか、わからなかった。
・インターネット上でCAN-C点眼薬の提案を見つけたので
 使用に至った。
点眼後の犬の目の状況・CAN-Cの使用で、白内障がほとんどなくなった。
・しかし、少しだけ目の濁りは残っていて、それ以上は
 消えなかった。
Can-Cの点眼方法
(使用期間、頻度など)
6ヵ月使用した。
評価、特記事項★★★★★
引用元Amazon.com 2013/1/21 #959
#1 CAN-Cレビュー

※犬種による白内障のなりやすさについて … ボーダーコリーは、白内障になりやすい犬種のようです。若年性のものもありますが、多くの場合は高齢になる事で発症します、との記載も見受けられます。

ブログ主が解説します。

限られたレビューの内容ですが、以下のことが推測できそうです。

  1. 白内障の発症すぐに、CAN-Cを使用した。
  2. 今回の場合、白内障は、点眼により少しづつ消失した。
  3. 特に記載がないことから、CAN-Cを点眼しても痛みの発生などの問題は起きなかった。

今回、CAN-Cの点眼により、白内障が消失したとのことで、なによりです。ブログ主が解説を試みてみます。

1.白内障の発症すぐに、CAN-Cを使用した。

発見後、飼い主が、すぐにCAN-Cの点眼を開始したことは、きっと良い方向に効いているように思います。異常は、放っておけば悪い方向に進むと思われますので、すぐにCAN-Cの点眼を行ったのはよい判断だったでしょう。

2.今回の場合、白内障は、点眼により少しづつ消失した。

今回は、CAN-Cが犬の白内障への改善効果を示した、「治ったケース」です。この場合、その効果が出るまでの時間は、

  1. 数日から数週間のごく短時間で効果が出る
  2. 数か月もの時間が必要になる

場合、の2つがありますが、今回は、後者に該当します。CAN-Cの点眼で、一か月ほどであまり、白内障の改善が見えないようでも、ある程度の期間は、点眼を続けて、経過を見て、折角の治癒の機会を逃さないようにしたいものです。

3.特に記載がないことから、CAN-Cを点眼しても痛みの発生などの問題は起きなかった。

今回は、特に記載がないことから、CAN-C点眼で犬の目に刺激を与えた、ということはなかったようです。

ひとことアドバイスなど

老犬に属する年齢ですが、白内障を発症したらすぐにCAN-Cを使用したのはよい判断だったでしょう。また、点眼を長期間継続したのも功を奏したと考えられます。お大事に。

200超えのCAN-Cレビューから導きだした、どれくらいCAN-Cが効果があるのかのデータと、CAN-C目薬の差し方について、知りたくはありませんか? ↓ 参考にしていただけますと幸いです。


キャンC

ペットくすりのキャンC

【無料レポート】

10%オフクーポン  1/27まで

現在ペットくすりでは、新規お客様限定クーポン「welcm」を配布しています。

ペットくすりのクーポン

購入時「welcm」と入力すると、全商品10%オフとなります。

-Nアセチルカルノシン目薬

© 2021 犬白内障研究会 Powered by AFFINGER5